ホルモン剤の中でも「塗り薬」というものがあるのはご存知でしょうか。医療現場においても、それぞれの疾患・症状にあわせて取り入れられているものなのです。あまり馴染みが無いという方もいらっしゃるかとは思いますが、今では市販のものでも手にすることは可能なのです。

そこで、今回は市販のホルモン剤の外用薬について見ていきましょう。

■効果が期待できる市販薬
有効成分の中に卵胞ホルモンの1つであるエチニルエストラジオールとエストラジオールが配合されている外用薬というものがあります。種別としては「医薬品」に分類されています。

■アプローチについて
不足した卵胞ホルモンを皮膚から少しずつ補充することが可能です。市販薬でホルモン剤は副作用などが怖いのではないか?と不安感を抱いている方もいらっしゃるでしょう。しかし、外用薬でしたら肝臓にもやさしいですし、少量ずつ短期間、卵胞ホルモンを補充できますので比較的に安心できるといえるでしょう。

■胃の負担も防ぐことが出来る
こうした外用薬の特性といえば、先のように肝臓に負担がかからないということもあるのですが「胃」への負担が少ないというのも大きな特徴でありメリットなのです。ホルモン剤特有の副作用である吐き気なども感じることが少ないでしょう。更年期障害や不感症の解消が期待できるともいわれていますので、第一段階として取り入れてみるのもよいかもしれません。

■市販薬から取り入れてみること
このように、処方箋が必要だと思われがちなホルモン剤ですが、市販という形でも手にすることは可能なのです。とはいえ、やはり注意事項をしっかり読むことや分からないことについては薬剤師に相談をするなどという事も忘れないようにしましょう。