ホルモン剤を取り入れることによってさまざまな治療に役立っているという認知度は高いものといえるでしょう。具体的な疾患や症状があるという場合には、各医療機関で医師の診断を仰ぎ指示に基づきということになるかと思いますが、中にはサプリメントとして取り入れる方法もあるのです。

今回は女性ホルモンの1つである「エストロゲン」について見ていきましょう。

■エストロゲンについて
女性にとって必要不可欠なホルモンの1つといわれています。減少してしまうことによって、更年期障害に陥ってしまったり、卵巣機能が低下してしまうことも考えられますので、不妊症の原因ともなるのです。また、卵胞ホルモンとも呼ばれており、生理周期を整えたり女性の美しさが出る成分ともいわれています。

実際に医療現場においても、更年期障害や不妊症の治療としてホルモン剤補充療法を行う場合もあり、このエストロゲンを投与するということもあるのです。

■エストロゲン摂取から考えられる効果
では、エストロゲンを摂取することで具体的にどのような効果が期待できるのでしょうか。

ホルモン剤と似た効果が期待できるサプリメントについて

・生理周期が安定する
・コラーゲンが促進させやすくなるために美肌効果が期待できる
・コレステロールを調整しやすくなる
・皮脂腺の分泌バランスが整う

アド※ホルモン剤の個人輸入代行、販売・通販『TOP』 http://www.ntp-k.org/medicine/hormone/

などです。

■エストロゲンと美肌効果
エストロゲンは「美肌ホルモン」などと称されることもありますので、コラーゲン促進により肌そのものが美しくなり、またバスとアップなどの効果も期待できるともいわれているのです。さらには、乳がんや子宮がんの予防にも効果的であるといわれており、それらを目的としたサプリメントも販売されているのです。

■エストロゲンを増やすサプリメントについて
代表的なエストロゲンが含まれている成分としては「大豆イソフラボン」や「プエラリア」というものになります。大豆イソフラボンは、エストロゲンと同じような働きをしてくれるといわれており、自律神経やホルモンバランスを調整してくれる効果があるのです。

プエラリアにおいては、大豆イソフラボンの約40倍エストロゲンを増やす効果があるともいわれています。他には、マカやざくろにも分泌を整える効果があるといわれています。

■エストロゲンサプリメントの摂取量とは
安心してサプリメントを取り入れるためにも1日における摂取量を把握しておきましよう。大豆イソフラボンについては1日「30mg以下」となっています。プエラリアについては1日「100mg以下」となっているのです。過剰摂取は身体的な負担となってしまい、婦人科系のトラブルの要因ともなってしまいますので把握しておくようにしましょう。

サプリメントにおいても1日の摂取量というものが定められているかと思います。それらを守っていただくことによって安心した形で取り入れていただけるでしょう。くれぐれも、自己判断で摂取量を増やすなどはしないようにしてください。

■副作用について
考えられる副作用としては、子宮内膜増殖症や生理不順などでしょう。しかしこれらは先にも触れたのと同じように、過剰摂取をした場合に起こるとされているものとなっています。サプリメントは基本的に「栄養補助食品」としてのスタンスですのでこうした副作用は正しく取り入れることによって感じることはないでしょう。

■サプリメントを取り入れること
このように、ホルモン剤という薬物ではなく、サプリメントとして摂取をしていただくことも出来るのです。美しくなりたいなどという美容的な目的からホルモンをと考えている方にはよいスタンスともいえるでしょう。

ホルモン剤ってどんな薬なのか、どのような効果があるのかについて

ホルモン剤という言葉そのものは耳にした方も多いと思いますので、何となく「馴染みがある」という感覚があるかもしれません。しかし、改めて「ホルモン剤とは?」と聞かれると分からない方も多いのではないでしょうか。そこで、今回はホルモン剤とはどのようなものなのかについて考えていきましょう。

■働き方について
体内で分泌される女性ホルモンと同じ働きをする成分が配合されているお薬。これがホルモン剤の簡単な説明ということになります。この女性ホルモンは、女性ばかりではなく男性の体内にも存在しています。

女性ホルモンとは

女性ホルモンには、卵胞と子宮内膜の成長を促進させる「卵胞ホルモン」と、子宮内膜の厚みなどを維持する役割を果たしている「黄体ホルモン」に分けられています。そしてホルモン剤もそれぞれの種類があります。治療などをしていく際には、これらどちらかを用いることが多いのですが、双方を用いることもあるのです。

■婦人科系統の不調や疾患に使われることが多い

ホルモン剤ってどんな薬なのか、どのような効果があるのかについて

こうした仕組みを持っているという事から、月経困難症からPMSなど月経周期にかかわる治療にホルモン剤が処方されることもあります。また、子宮内膜症や子宮筋腫・子宮ガンや乳がん・不妊症などの疾患の治療にも用いられており、それらを「ホルモン療法」などと総称することもあるでしょう。

ホルモン剤の特性から婦人科系統の疾患に取り入れられることが多いといえるのです。

■医師の指示に従うこと
ホルモン剤を使用するときには、医師から処方される場合が大半でしょう。その際には、必ず用法や用量を守ること。そして医師の指示に従うことが大切となってきます。これらを守ることによって、安心した形でホルモン剤と付き合うことができるのです。